2007年11月15日

富士火災、簡単な自動車保険「松・竹・梅」を発売

富士火災海上保険は、顧客に分かり易い保険商品の提供を目的に、 3つのコースから補償内容を選択できるセットメニュー型自動車保険を「松竹梅シリーズ」として11月下旬から順次発売することを明らかにした。

損害保険会社は、保険金不払いの原因の一つとなった保険商品の複雑さを解消すべく、簡易的な保険商品を随時リリースしており、富士火災もこの流れに続き、同商品シリーズの販売に踏み切ったとみられる。

富士火災では、これまでも各保険種目で一部特約の廃止・統合を進めているが、これに加え今回の松竹梅シリーズの発売で、顧客に補償内容や価格を比較する基準となる3つのコースを松・竹・梅で明示し、その中で商品の価値を判断してもらう。

松竹梅シリーズの第1弾として、富士火災の中核代理店の組織である「FACEクラブ」、「FMPクラブ」の会員代理店向けに、富士火災の最上級自動車保険「ひとつ上を行く自動車保険ベリエスト」を中心に松竹梅の3つのコースを設定した「F-GUARD」を発売する。

また、松竹梅シリーズの発売では、顧客に分かり易く補償内容を理解してもらうため、直接顧客と接している代理店に「取扱い易く、説明し易い募集ツール」の専用販売ツールも新設した。

PR:生命保険の一括見積もり

posted by はたっち at 01:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。